資産運用の相談は納得のいくまでトコトン話そう

誰でも投資しやすい環境

グラフ

小遣い程度の費用でできる

海外FXは少額の資金で取引ができると評判ですが、実際にどういった理由で利益を上げることができるかを知るには、レバレッジと呼ばれるものを理解する必要があります。レバレッジとはテコのようなもので、証拠金を担保にして数倍の取引ができることを指します。各FX業者を見ると、レバレッジ10倍や25倍といった数字を見ることがあります。市況が1ドル100円の状況でレバレッジ1倍なら、1万ドルあたり100万円の証拠金が必要になりますが、レバレッジ25倍なら1万ドルでも証拠金はたった4万円で済むことになります。国内のレバレッジは規制によって25倍が最大となっていますが、海外FXには規制がなく、100倍や888倍、果ては1,000倍といったものも存在します。レバレッジの差がこれだけあると、取引できるポジションの量も大きく変わり、収益率にも関わってくるでしょう。1,000倍なら1万ドルの取引でもわずか1,000円で動かせるだけでなく、例えば10万通貨のポジションでも、1円動くだけで10万円の収益となります。つまり、海外FXの費用は1,000円からでも可能で、そのまま少額資金で投資できるのが強みなのです。ハイレバレッジが海外FXの最大のメリットとなりますが、問題はハイリターンの投資商品にはハイリスクが伴うという不文律でしょう。しかし、上記の例えでいけば、1円動くだけで10万円の損失を被ることになるのですが、実は海外FXでは追証の概念がありません。どれだけ損をしていようとも、証拠金以上の請求をしないゼロカットシステムが採用されているため、小遣いだけを入金して資産を増やすといったやり方もできるようになっています。